5本指靴下の効果ってどの程度?冷え性対策に使える?

5本指靴下の効果ってどの程度?冷え性対策に使える? 注目商品

足先の冷えって、ひどい人だと強い痛みを感じたり歩くのも辛くなったり、防寒対策をしてみてもなかなか改善できなくてつらいですよね。

そんな「冷え性に悩む人には5本指靴下が効果的だ」と言われているのを聞いたことはないでしょうか?

5本指靴下は取り入れている人も多く、最近はかなりおしゃれなデザインの靴下も売られていますが、靴下の形が変わるだけで本当に冷え性が改善できるのか疑問に感じませんか?

そこで今回は、5本指靴下の効果やデメリット、冷え性対策になるのかについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

5本指靴下の効果

5本指靴下は健康に良いなどという意見は聞いたことがある人も多いと思いますが、5本指靴下には具体的にどんな効果があるのでしょうか?

一般的によく言われている2つの効果について紹介します。

 

指先の血行が良くなる

まず1つ目は、指先の血行が良くなるという効果です。

普通の靴下の場合、5本の指が一つにまとめられていることで、指同士が押し合って血流を圧迫してしまいます。

それに対して、5本指靴下は1本1本の指が自由に動くので、圧迫されにくく血流が阻害されにくいんですね。

また、指先の血行が良くなることによって冷えにくくなるため、冷え性対策にも効果的だと言われているようです。

実際、5本指靴下を販売しているTabioでは、普通の靴下と5本指靴下それぞれを履いた時の足の表面度について実験をしており、5本指靴下のほうが長時間履いていた時の温度が高いということが分かっています。

(参考)Tabio 

 

足のムレや匂いが軽減する

もう1つの効果は、足のムレや匂いが軽減するという効果です。

人は足裏も汗をかくのが普通ですが、その汗や指の間に溜まることでムレたり、雑菌が繁殖して嫌な匂いがしてしまうことがあります。

5本指靴下の場合は1本1本の指を布で包み込むので、溜まりやすい指の間の汗なども靴下が吸収しやすくなります。

これによって、足のムレや匂いが軽減するというふうに言われているんです。

また、このように菌の繁殖を抑えられるという理由から、水虫の予防としても5本指靴下を推奨する動きがあるようです。

 

5本指靴下のデメリット

反対に、5本指靴下にデメリットはあるのでしょうか?

実際に使ったことのある人の意見などを確認してみると、大きく分けて3つのデメリットがあるようです。

 

足先はすぐには温まらない

5本指靴下を履くと血行が良くなるというメリットについてお伝えしましたが、注意すべきは履けばすぐに温まるというわけではないということです。

先程紹介したTabioの実験結果を見ると分かるように、長い時間で見ると5本指靴下のほうが足の温度が高いという結果になっていますが、履いてすぐの時は普通の靴下のほうが体温が高いんです。
これは、指同士が直接触れ合うことによって温度が保たれているからなんです。

逆に言うと、5本指靴下は指をバラけさせてしまうので、一時的には足先が冷えてしまう可能性があります。
そのため、冷えがひどい人が5本指靴下を履くと逆に冷たく感じてしまい、あまり効果を感じられないこともあるようです。

 

簡単に履けない

5本指靴下は指を1本ずつ別の穴に入れることになるので、意外と履くのが大変です。
慣れるまでは時間がかかってしまうことも多く、そのため履くことをめんどくさいと感じてしまう人も多いようですね。

また指の間が開かれる感覚や指の感触が異なることに違和感を感じて、なかなか慣れないという声もよく見かけます。

効果が期待できるものの、履き心地などについては慣れるまでに時間かかると思っていたほうが良いかもしれませんね。

 

見た目がイマイチ

なかなか5本指靴下は見慣れないこともあって、履いているとダサい、不自然で気持ち悪いというふうに思われることも多いようです。
そのため、人目を気にする人は外出先等で靴を脱ぐ可能性のある時は要注意ですね。

最近は、かわいいデザインのものや5本指靴下専門のサイトなどもあるので、見た目の可愛い靴下や履いて違和感のないデザインを探すのもおすすめです。

 

(参考)tabioの販売商品 
※楽天リーベイツ経由でtabioの商品を購入すれば、楽天ポイントが更にお得!!
 ↓ ↓ ↓ ↓
Rebatesお友達紹介キャンペーン 

 

冷え性の人は靴下の重ね履きはNG?

寒さ対策として靴下の重ね履きがおすすめという意見もありますが、一方で冷え性の人には靴下の重ね履きは向かないという意見もあります。
実際、どちらの意見が正しいのでしょうか?

一見、靴下の重ね履きをすれば温かさを保てると考えられそうですが、実は足が圧迫され血行が悪くなるリスクがあるため、逆に足先を冷やしてしまう可能性があるそうなんです。

そのため、重ね履きをすること自体は悪くないものの、重ね履きする靴下の素材や形状については注意が必要なんですね。

 

特におすすめされているのは最初に5本指靴下を履き、その上で厚手の靴下を上から履くという方法です。
これであれば、5本指靴下で足の血行を良くしつつ厚手の靴下で外気の冷たさから足を守れるので、足の冷えが解消しやすくなりますよ。

特に最初に履く5本指靴下は、保湿保温性の高いシルクでできたものがおすすめされています。
また、履く靴下はなるべく締め付けの少ないものを選ぶようにすると、血行が阻害されることを解消できます。

シルクの重ね履き用の靴下は、楽天などでも購入できるので、気になった人は試してみるのも良いと思います。

 

(商品一例)

 

まとめ

以上、今回は5本指靴下の効果やデメリット、冷え性対策になるのかについてまとめました。

冬場だけではなく、夏のクーラー冷えに悩まされている人も多いと思うので、5本指靴下の購入を一度は検討した人も多いのではないかと思います。
とはいえ、効果についてはかなり個人差があるようなので、まずは一つ買って試してみる、くらいの気持ちで取り入れるのが良さそうですね。

最近は流行りもあってAmazonや楽天などで比較的安価な5本指靴下や冷え取り靴下を購入できるので、手頃なものから挑戦してみるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました