暖房器具でオイルヒーターと併用する際はどの種類が効率的なの?

暖房器具でオイルヒーターと併用する際はどの種類が効率的なの? 生活

オイルヒーターは部屋全体を温めるのに効果的で、火事の心配や健康被害が少ないなどメリットが多く人気の暖房器具です。

一方で、温めるのに時間がかかったり電気代が高いという声も多いのですが、こうしたデメリットは他の暖房器具と併用することで解消することが可能なんです。

 

今回はオイルヒーターの暖房効果の特徴やメリット・デメリット、オイルヒーターとの併用におすすめの暖房器具についてまとめました。

 

スポンサーリンク

オイルヒーターを使うメリットは空気を汚さない暖房効果

オイルヒーターを使う一番のメリットは、空気を汚さないことです。

オイルヒーターは、ヒーターの内部に入っているオイルを温めてヒーター内を循環させることで、ヒーターの周りの空気を温める仕組みになっています。

ヒーターの周囲の温まった空気は、ヒーターから離れた冷たい空気との温度差によって自然と循環するので部屋全体を温めることができます。

 

石油ストーブやガスストーブのように燃料を燃やして熱を生み出す仕組みではないので、二酸化炭素を発生させる心配がなく、空気を汚すことなく利用できるんです。

石油ストーブなどの燃料を利用する暖房機器は、長時間使用すると健康に影響が出る心配がありますし、一方で定期的に換気をおこなうとせっかく温めても冷気が入ってしまってもったいなく感じてしまいますよね。

オイルヒーターならこうした心配がないので、ちいさいお子さんや高齢者のいる家庭でも安心して利用できるのではないでしょうか。

 

また、温かい空気を強制的に循環させるために送風するエアコンやファンヒーターなどは、風を作り出すので埃を舞い上げてしまう心配がありますが、オイルヒーターは自然な空気の対流を利用して部屋全体を温めるので、埃を舞い上げる心配もありません。

アレルギーが心配な方もオイルヒーターなら気軽に使用できるかもしれませんね。

 

また、オイルヒーターはエアコンのように部屋を乾燥させることもないので、乾燥が苦手な方にもおすすめの暖房器具なんです。

オイルヒーターのデメリットは温まるまで時間が掛かること

オイルヒーターは空気を汚さず安心して利用できる暖房器具ですが、部屋全体を温めるのに時間がかかるというデメリットがあります。

すでにお伝えしたように、オイルヒーターはエアコンやファンヒーターと違って自然な空気の対流によって部屋全体を温めるので、電源を入れてもすぐ温かい空気が出てくるわけでありません。

部屋全体を温めてくれるので、エアコンのように温かい風がこない場所だけ寒いということは起こりにくいですが、つけてすぐに温かさを実感するのは難しいと思います。

 

また、温まるまで時間がかかるということは使用時間が長くなるので、電気代も上がりやすくなります。

強モードの場合はエアコンよりも電気料金が高くなる可能性があるので、長時間つけっぱなしにはせず、温まったら一度電源を落とすほうがよいかもしれません。

オイルヒーターが温まるまで併用におすすめの暖房器具

ここまでオイルヒーターのメリットとデメリットを説明しましたが、メリットを活かしつつデメリットを解消するためにはオイルヒーターと他の暖房機器を併用して使うのがおすすめです。

オイルヒーターは温めるまで時間がかかりますが、その分、部屋中をしっかり温めてくれるので、温まりきったら一度電源を切ってもしばらく部屋の温かさは持続します。

そこで、オイルヒーターが温まるまでの時間に、すぐに部屋を温めてくれる別の暖房機器を動かすことでデメリットをカバーできます。

 

オイルヒーターと併用する暖房機器のポイントは以下です。

・すぐに温かさを感じられる
・送風型である

 

このポイントを踏まえて、まずおすすめする暖房機器は電気ストーブです。

電気ストーブはスイッチを入れてすぐに温かさを感じられる暖房機器です。

送風型ではないので部屋全体を温めるのは苦手ですが、一時的に人の近くで稼動しておけば十分寒さを防げます。

風を発生させずに利用できて二酸化炭素の発生もないので、埃が舞うのが心配な人や空気を汚すのが気になる人でも使用しやすいのではないでしょうか。

 

次におすすめする暖房機器はエアコンです。

電気ストーブに比べると温かい空気が出るのに時間がかかりますが、送風型なので部屋全体に温かい空気が行き渡りやすいですし、風の当たるところにいれば温かさを感じられます。

また、エアコンなら多くの家に備わっているので、併用のためにわざわざ新しいヒーターを購入する必要もなく併用しやすいのではないでしょうか?

 

暖房機器ではないですが、扇風機(あるいはサーキュレーター)と併用するのもおすすめです。

オイルヒーター自体には送風の機能がないため、温めた空気が循環するのに時間がかかるのですが、そこを扇風機でカバーすることで空気が循環しやすくなり、結果的に部屋が温まるのを早めてくれます。

温かい空気は部屋の上の方に溜まりやすいので、扇風機を使うときはなるべく真上に向けて運転させておくと部屋が温まりやすくなりますよ。

まとめ

以上、今回はオイルヒーターの暖房効果の特徴やメリット・デメリット、オイルヒーターとの併用におすすめな暖房器具をまとめました。

オイルヒーターは他の暖房器具にないメリットがありますが、温まるのに時間がかかるという特徴があるので、他の暖房器具と併用して効果的に利用することがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました