暖房が苦手!気分が悪くなる理由を知って対策法を考えよう!

暖房が苦手!気分が悪くなる理由を知って対策法を考えよう! 生活

寒い日の暖房は暖かさが身に染みてありがたく感じ、ヌクヌクしていたいという気持ちにな.る方も多いのではないでしょうか。

しかし、中には暖房の暑さに気分が悪くなることから苦手と感じている人も多くいます。

 

暖房が平気な人にとっては、理解ができないことかもしれません。

また、暖房の効きすぎは身体にとっても家計にも優しくありません。

 

そこで今回は、暖房が苦手な人はどのような状況で気分が悪くなるのか?

また、その際の対策法についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

暖房が苦手な理由

暖房器具の種類には、エアコン、石油ストーブ、蓄熱暖房、電気ストーブなどなど色々な種類のものがあり、部屋自体を暖める目的のものと、身体を暖めるための目的のものがあります。

寒い日にはとっても便利な暖房ですが、暖房が苦手な人にとっては、辛い状況にさせるものでしかないと感じてしまう人もいるかと思います。

 

暖房が苦手な人は、激しい頭痛に襲われたり頭が重い感じになりボーと熱でもあるような状態になって、気分が悪くなることがあるそうです。

そのような理由から、身体を暖めてくれるはずの便利なものが苦手なものになってしまっているようです。

 

暖房で気分が悪くなる理由

暖房によって、肌が乾燥したり頭痛がしたり吐き気がしたりと気分が悪くなったりするのは、「暖房病」というものが原因の一つであると考えられています。

しかし「暖房病」というのは正式な病名ではなく、暖房によって引き起こされる症状を「暖房病」と言っているだけなんだそうです。

 

また、頭痛がしたり吐き気がしたりするのは、夏の暑い時期の脱水症状とよく似ていて、窓を閉め切った状態で暖房をつけていることにより、室内が乾燥してしまい引き起こされる症状とされています。

暖かい空気は軽いため頭上にたまり、頭と足元の温度差が広がることで頭痛を引き起こす原因にもなっています。

(参考:せたがや日和 、エア・マテリア 、産経ニュース )

 

気分が悪くなったときの対策法

自宅で暖房を使用している時には、自分の体調に合わせて設定温度を調節することもできますが、オフィスや公共施設、人の多く集まる所などでは、自分の調子に合わせて調整することが難しいことが多いですね。

最近では、節電を積極的に取り入れている会社なども多く、極端な室内温度にするところも以前よりは少なくなったかと思いますが、気分が悪くなったときの対策方法についていくつか挙げてみたいと思います。

(参考:せたがや日和 ※既出のためリンクは省略

 

水分をとる

冬は夏に比べると水分を取る量が減っていると言われています。

夏は汗をかくため、水分をこまめにとろうと意識している人も多いかと思いますが、冬も夏と同様にこまめに水分をとるようにしましょう。

 

すでに頭痛などの症状が出ている場合には、夏の時期と同様に経口補水液を飲むのが望ましいそうです。

<経口補水液の商品一例:楽天市場>

 

室内の温度を下げて換気を行う

少し窓を開けて風通しをよくし、室内の温度を下げるなどの対応方法などもあります。

自宅なら窓を開けることはできますが、最近のオフィスではセキュリティ上の問題から窓を開けられないところもあり、温度も簡単には下げられないこともあります。

 

そんなときには、卓上扇風機を使って空気を循環させてみてはいかがでしょうか。

周りの人を気にすることなく、空気も循環できてお勧めです。

<卓上扇風機の商品一例:楽天市場>

 

その他苦手な理由別対策法

暖房を使用していると、気分が悪くなったりすること以外に空気が乾燥してしまうことが苦手と感じる方も多いのではないでしょうか。

そのようなときの対策方法は、どんなものがあるのでしょうか。

 

洗濯物を室内に干す

洗濯物を室内に干すと程よい湿度が保たれるため乾燥感がなくなります。

室内で洗濯物を干すと部屋干しの臭いが気になるという方は、最近では部屋干し用の洗剤も販売されていますので使用してみてはいかがでしょうか。

また、イオン機能付きの)除湿機などを使用して洗濯物の臭いを抑えるという方法もあります。

 

<部屋干し洗剤の商品一例:楽天市場>

 

 

<除湿機の商品一例:楽天市場>

 

肌の露出を減らし暖かくする

室内の温度を下げると寒くなるのは当然です。

やはり、厚着をして肌の露出を控えて適度な室温に保つことが一番ではないでしょうか。

しかし、過剰な厚着をして室温を下げて寒さに耐えるのは身体にはよくないと思いますので注意しましょう。

 

まとめ

私も暖房の効きすぎで頭痛になることがよくありますが、社内では卓上扇風機を使用しています。

冬に扇風機を使っていると同僚に笑われることもありますが、身体のために気にせず使っています。

 

最近は、卓上扇風機を使用している人も多くみかけます。

自宅では、部屋干しをするとあっという間に湿度があがって程よい感じになります。

 

暖房が苦手だかとらといって、室内の温度を下げて寒さに耐えるのは本末転倒になってしまいます。程よく暖房を取り入れて快適な生活をおくりましょう。

タイトルとURLをコピーしました