コップのカビに気が付かずに飲んでしまった!体に害はあるの?

コップのカビに気が付かずに飲んでしまった!体に害はあるの? 生活

一度使ったコップを放置しているとカビが生えてしまっていることがあります。
飲み物を飲んだ時に「あれ?何か浮いている?」と違和感を感じたときにはすでに遅し、なんていう経験をした人もいるのではないでしょうか?

カビを飲んでしまった後で体には影響はないのかが気になりますよね。
今回は、コップのカビを飲んでも体に害はないのかを調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

コップにカビが付着していた!?飲んだけど大丈夫?

お茶を飲んだりジュースを飲んだりしていて洗わずに放置してコップにカビが付着していたというようなことは実はよくあることです。
そしてそのカビに気が付かずにコップを使い、カビを飲んでしまっていたということもあり得ないことではありません。

なかには、後で飲もうとそのままにしていてコップにカビが生えていたのを気が付かずに飲み物を飲んでしまったという人もいるのではないでしょうか。

気づかないままならいざしらず、飲み込んだあとで「変なもの飲んじゃった?」とヘタに気がついたりすると、口をゆすいだりうがいをしたりして、なんとか飲み込んだものを出そうとしたり、出なかったときにはそのままでも大丈夫だろうかと心配になりますよね。

 

飲み込んでしまったものがカビだった場合、心配されるのは食中毒です。
口の中には多くの細菌があり、一度口をつけた飲み物には細菌が繁殖しやすくなると言われています。
その細菌が食中毒の原因となるようです。

とはいえ、過剰に心配し過ぎる必要もないようです。
少量のカビを含んだ飲み物を飲んでしまっても食中毒になることは少ないそうです。

しかし人によって状況も違うため、もし、腹痛・下痢・嘔吐・発熱など食中毒のような症状が出た場合にはすぐに病院に行きましょう。

もしも大量にカビが生えている飲み物を気づかずに飲んでしまったのが、高齢者や赤ちゃん・小さい子供だった場合には念のため病院を受診すると安心です。

今回検索して見つけた「ヨセミテ」では、ペットボトルにカビが生えている時の対処方法が掲載されています。
お茶のカビについて書かれていますが、カビが生えた飲み物を飲んでしまったときの対処方法については変わりはありませんので、参考にしてみてください。
(参考:ヨセミテ )

 

コップのカビの原因

飲み物のカビには、白カビ、黒カビ、青カビ、茶色のカビがあります。
カビなどの雑菌はタンパク質を好み腐ってしまうこととされていて、それほど珍しいことではないそうです。

一度口を付けたペットボトルは、極力早めに飲んだほうがいいと聞いたことはありませんでしょうか。
人の口の中には多くの細菌がいて、一度口を付けたペットボトルに細菌が入ってしまうためと言われています。
私はそれを知って以来、その日のうちに飲むようにしています。

コップで飲み物を飲む場合も同様です。
コップに飲み物を入れっぱなしにして放置しておくのはカビが生える原因となります。

 

伊藤園の「お客様相談室」ページでは、

Q:飲み終わって放置していた「容器」にカビが生えましたが大丈夫ですか?

という質問に対して

A:空気中には微生物が浮遊していますので、容器内に残った飲料を栄養源にして増殖することがあります。
飲み終わった容器は、速やかに水洗いをし、お住いの市町村に従って分別排出をお願いします。

と記載されています。

(引用元:伊藤園の「お客様相談室」 )

 

コップのカビの除去方法

使用したコップは、その都度洗って水滴を取り、適切な場所で保管しておけばカビが生えることはありません。
しかし、コップにカビが生えてしまった場合は、放置しておかずに早めに洗ってあげましょう。

コップのカビを除去する方法は、主に下記の3つ。

熱湯消毒
50℃以上の温度の熱湯を注いで、つけ置きをする。
ただし、コップの素材によっては熱に弱いものがあります。
特に、プラスチック製のコップは熱に弱いので注意が必要です。
漂白剤
カビを拭き取ったら、漂白剤を溶かした水やお湯に30分程度つけ、食器用洗剤で漂白剤が残らないように洗います。
コップの素材によっては色が変色してしまうものもあるのでご注意ください。
アルコール消毒
アルコールをつけたキッチンペーパーなどでカビの汚れをとるだけですが、アルコールが気になる場合には、食器用洗剤で洗いアルコールが残らないようにしてあげるといいでしょう。

 

まとめ

以上、「コップや飲み物などに付着したカビを飲んでしまった場合、体に害はあるのか?」という疑問に関して調べたことをまとめてみました。

少しくらいであれば、カビを飲んでしまっても体に害はなさそうなので、その点は安心しました。

ただし、飲み込んだカビの量やその時のコンディション、あるいは飲んだ人の年齢や免疫力(基礎疾患等)によっても変わってくる可能性があります。

違和感を感じた場合にはすぐに病院に行くなど、迅速に行動したほうが良さそうですね。

またカビや細菌が繁殖しないように普段からコップを清潔にしておくことはもちろん、例えば使い捨ての紙コップなどは使い回しすぎないようにするとか、飲み物はキャップや栓を開けたら(コップに注いだら)早めに飲み切る、といったことも気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました