父の日にもカーネーションを贈る習慣はある?白や黄色など花の色にも注意が必要って本当?

父の日にもカーネーションを贈る習慣はある?白や黄色など花の色にも注意が必要って本当? 生活

母の日に贈る定番の花が「赤いカーネーション」ということは、知っている人も多いと思いますが、父の日に贈る定番の花と言われて思いつくものってありますか?

私は、「黄色いバラ」を贈るのが定番だと聞いたことがあったのですが、プレゼント選びをしている最中に「父の日 カーネーション」というキーワードを発見したんです!

「もしかして父の日にもカーネーションを贈るの?」とあまりに気になったので、今回は、父の日にもカーネーションを贈るのかについて調べてみました。
合わせて、白や黄色など色を決めるときの注意点やそれぞれの花言葉、カーネーションとバラ以外のおすすめの花についても紹介します。

スポンサーリンク

父の日に贈る花はカーネーションとバラどっち?

母の日に贈る花は赤いカーネーションが一般的ですが、父の日にはどの花を贈るべきかご存知ですか?

母の日同様、カーネーションを贈ると思っている人もいるかもしれませんが、父の日に贈る花は「黄色いバラ」が一般的です。

色々と調べてみましたが、父の日にカーネーションを贈るという習慣は発見できず、やはり「黄色いバラ」が定番と言えそうですね。
もちろん、感謝を込めてお花を贈ること自体は母の日や父の日に限らず行われることなので、父の日にカーネーションを贈ることが絶対にダメなわけではありません。

ただ、バラを贈ることが一般的になった理由や、花の色も白や黄色など決まっている理由があるので、それについてもう少し詳しく紹介します。

父の日に黄色いバラを贈る理由は?白い花は要注意!

まず、そもそも父の日にバラを贈るようになった由来について説明します。

花の宅配サービスを提供するefloraによると、父の日はアメリカのトッド夫人という女性が提唱して始まった式典なのですが、そのトッド夫人が父親の墓に白いバラをお供えしたことからバラを贈る習慣が生まれたそうです。

(参考)eflora

 

ただし、白い花は故人に贈るというイメージが強いため、存命中の父親には「赤いバラ」、亡くなった父親には「白いバラ」を贈るというのがアメリカでは一般的となっているそうです。
白いバラやカーネーションを贈るのは亡くなったことを想起させるので、あまり適切ではないと思われるかもしれませんね。

さらに、どうして日本では「黄色いバラ」を贈るのが一般的になっているかというと、日本ファーザーズデイ委員会が開催する「父の日黄色いリボンキャンペーン」の影響だそうです。

日比谷花壇のホームページによると、

黄色いリボンキャンペーンは、家族の愛情や尊敬を表す黄色を父の日のイメージカラーとして啓蒙しています。これが父の日にバラを贈る風習と同化し、父の日に黄色いバラを贈る今の風習になりました。
(引用元:日比谷花壇

という説明があります。

 

こうしたことから、白を避けるためと理由と「愛情」や「尊敬」という意味を込めた黄色という理由が合わさって、黄色いバラを贈るのが一般的になったのではないでしょうか。

バラやカーネーションは色によって花言葉も変わってくる

父の日に贈る花としては黄色いバラが定番ということがわかりましたが、それでは黄色いバラの花言葉は何なのでしょうか?
せっかく花を贈るなら花言葉についても気になりますよね。

他にも赤いバラや白いバラ、カーネーションなどをプレゼントの候補に考えている人もいると思いますので、それぞれの花言葉について紹介します。

まずバラについては、定番の黄色、アメリカで一般的な赤と白について調べましたが、それぞれ以下のような意味がありました。

・黄色のバラ 「献身」「友情」
・白のバラ 「深い尊敬」「純潔」
・赤のバラ 「愛情」「情熱」

(参考)Anny

単純な花言葉だけ見るとどれも良い花言葉ですが、白いバラの「深い尊敬」から父の日に贈りたいと思う人も多いかもしれませんね。

白は故人を悼むイメージがあるものの、他の花と組み合わせたりすると気にならなくなるので、どうしても白いバラを贈りたい人は他の色の花などと一緒に花束にしてもらうと良いのではないでしょうか。

続いて、母の日と混同されやすいカーネーションについても紹介します。

・白のカーネーション 「純潔の愛」「尊敬」「あなたへの愛情は生きている」
・黄色のカーネーション 「美」「友情」
・赤のカーネーション 「母への愛」「熱烈な愛」「愛を信じる」

(参考)インターネット 花キューピット

こちらも白いカーネーションに「尊敬」という意味が入っていることから、父の日に贈る人もいるかもしれませんが、白いバラと同じく他の花との組み合わせで白のイメージを緩和するのがおすすめですよ。

カーネーションとバラ以外にも!父の日におすすめな花3選

ここまで父の日に贈る花として黄色いバラが定番であることや白い花は注意が必要ということについて説明してきましたが、他にも父の日に贈るのにぴったりの花がいくつかありますので、紹介します。

ひまわり

ひまわりには「憧れ」という花言葉がありますので、尊敬するお父さんにプレゼントするにのにおすすめです。

また、幸福や明るいイメージのある黄色の花なので、見ていると元気をもらえますよね。
日頃仕事など頑張るお父さんもパワーをもらえるのではないでしょうか。

 

ユリ

ユリの中でもとくにスカシユリには「親思い」「子としての愛」といった花言葉がありますので、両親に贈るのにはピッタリな花ではないでしょうか?

白、オレンジ、黄色、ピンクなど色の種類も豊富なので、好きな色を選んであげるのもよさそうですね。

 

ガーベラ

ガーベラは可愛らしく色も豊富で人気の花です。

特に、ピンクのガーベラには「感謝」という花言葉があるので、日頃の感謝を伝える花としておすすめですよ。

 

まとめ

以上、今回は父の日にもカーネーションを贈るのか、白や黄色など色を決めるときの注意点やそれぞれの花言葉、カーネーションとバラ以外の父の日におすすめの花についてまとめました。

母の日と父の日は対になるイベントですが、贈る花が違うなどそれぞれ特徴があっておもしろいですよね。

また、定番の花は「黄色いバラ」と言いつつも、それ以外の花を贈ることが間違っているわけではなく、お父さんの好きな色や花の種類、花言葉などから選んでも問題ありません。

父の日に花を贈りたいと考えている方は、ぜひこれを参考に、お父さんに伝えたい想いや好きな色などを踏まえて選んでみると、喜ばれるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました