年賀状の宛名は縦書きのみ?横書きはマナー違反なのか?宛名の書き方について

年賀状の宛名は縦書きのみ?横書きはマナー違反なのか?宛名の書き方について 生活

お正月といえば年賀状ですね。
郵便で年賀状を送るのが一般的だと思いますが、最近はSNSや電子メールで年始のご挨拶という人も増えてきているみたいです。

私は年賀状を送る派なのですが、宛名書きをする際に、縦書きにするのが正しいのか横書きでもいいものなのか、悩むことがあります。

年賀状は、上司やお世話になった方など目上の人に対して送るケースもあり、失礼のない形で出したいものですよね。
宛名の書き方ひとつで相手の印象を悪くしてしまってはまずいです。

そこで今回は、年賀状の宛名書きのマナーについて調べてまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

年賀状の宛名の横書きはマナー違反?

年賀状の宛名は最初に目にする部分です。
手書きまたは印刷で書かれていると思いますが、文字は綺麗なほうが澄んだ気持ちになります。

そして気になる「書く方向」の部分。
皆さんの中にも、宛名を横書きで書いたことがある人はいらっしゃるかと思います。

普段、ノートや日記などを書く際には横書きが主流ですので、宛名を書く際にも横書きのほうが縦書きよりも書きやすいと感じる人も多いかもしれません。

また、これは私の個人的な印象ですが、縦書きだときっちりとしたイメージがありますが、横書きだと少しくだけたイメージになります。

「書きやすさ」の観点から言えば、確かに横書きのほうがいいというのは私も理解できますね。
ただ実際に調べてみると、縦書き様式になっている葉書に宛名を書くときには、縦書きで書くのがマナーのようです。
(年賀状に限らず通常の葉書や封筒でも同様)

では、年賀状の宛名を横書きで書くのはマナー違反なのでしょうか?
ここは意見が分かれるところかもしれませんが、横書きで書いてはいけないというほどでもないようです。

とはいえ、一般的には縦書きが基本ということになりますので、送る相手が自分よりも目上の人・ご年配の方なのか、あるいは友人なのかなどによって使い分けることも必要かと思います。
(ビジネスかプライベートかといった考え方もできますね)

やはり、礼節を重んじるべき相手かどうかを見極めて、失礼が無いようにするためには縦書きで宛名を書くのが無難といえるでしょう。

デザインが横なら宛名も横書き?

年賀状のデザインは、縦書きだけとは限りません。
横書きのデザインを使用する人もいるでしょう。

横書きのデザインの時には、仲の良いお友達などには宛名も横書きで統一してもよいかと思います。
しかし、会社の上司や目上の人に対しては、デザインにかかわらず縦書きで宛名を書くのが無難です。

ちなみに、私は会社関係の人と友達や近親者とでデザイン(縦型と横型)を変えることにしています。
会社関係の人には縦書きのデザイン、友達や近親者には横書きのデザインと分け、宛名書きについてはアプリを使って自分で印刷をしているので、縦書きで統一しています。

まあどちらも宛名を縦書きで書くのであれば、デザインを変える必要もないのですが。。。

年賀状の宛名の書き方

年賀状の宛名書きの際、数字の書き方など迷ってしまったことはありませんか?
ここでは、年賀状の宛名の書き方についてもう少しだけ詳しく書いてみます。

先ほど年賀状の宛名を書く際には縦書きにするのが一般的なマナーであるとお伝えしましたが、宛名を書く際に注意することは他にもあります。

宛名

当然のことですが、宛名は間違えないようにしましょう。
宛名を間違えるのは失礼にあたります。

ただケアレスミスは起こしがちです。
名字には旧字体を使っていることもありますので注意しましょう。
(「タカハシ」「ワタナベ」「ハマダ」など)

特に名前の間違いは一番やってはいけないミスですので、何度も入念にチェックするくらいがいいですね。

そして宛名は、住所よりもやや大きめに書きます。
アプリを使って印刷する場合は、はじめからそのように設定されているかと思いますが、念の為プレビュー画面等で確認してから印刷しましょう。

住所

次に住所です。
住所は郵便番号が間違えていなければ問題なく届くそうですが、失礼にならないようにきちんと確認してください。

都道府県名は省略せず、マンション名などがわかっている場合には省略せずに記載します。
住所を書く位置は、名前よりも少し高い位置から書くようにしてください。

また、縦書きで書く時の数字は漢数字を使い、横書きで書くときには算用数字で記載します。

年賀状の宛名を間違えてしまったときには、二重線を引いたり修正液や修正テープで直したりするのは失礼にあたります。

特に目上の方への年賀状では絶対にしてはいけません。
新しい葉書で書き直してください。
修正液や修正テープは便利ですが、相手がどのような思いをするかということを考えましょう。
(参考:brother 年賀状日和 )

まとめ

以上、年賀状の宛名書きは縦書きか横書きかについてまとめました。

SNSや電子メールでもらう年賀状も悪くはないですが、元旦に年賀状が届くと嬉しい気持ちになりますね。

価値観の多様化や社会様式の変化などに伴い、年賀状を出すという文化・慣習は徐々に減少傾向にあるのかもしれませんが、個人的にはなくならないでほしいイベントのひとつですね。

今まで横書きの宛名書き多用してきた方は、例年以上に宛名書きに注意して年賀状を作成してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました