コーヒーの染み抜き方法!カーペットやスーツなどで正しい落とし方は違う?

コーヒーの染み抜き方法!カーペットやスーツなどで正しい落とし方は違う? 生活

カーペットにコーヒーをこぼしてしまった経験ってありませんか?
自分の洋服ならすぐに水で洗えばギリギリ落とせる場合もありますが、洗いにくいカーペットなどにこぼしてしまうと絶望的な気持ちになりますよね。

今回は、カーペットやスーツ・ソファーなど、コーヒーをこぼしてしまいがちだけど洗濯しにくいものについて、染み抜き(シミ抜き)に人気の洗剤や染み抜きの方法を紹介します!

 

スポンサーリンク

コーヒーの染み抜きで人気の洗剤・洗い方をチェック!

コーヒーの染み抜き方法を紹介する前に、そもそもコーヒーの染みはどんな洗剤で落とすことができるのでしょうか?
これを見分けるにはコーヒーの染みがどんな汚れなのかを知っておく必要があります。

汚れは大きく分けて水溶性、油性、不溶性の3種類に分けられます。

1つ目の水溶性の汚れは、その名の通り水に溶けるので、水ですすいだりつけ置きなどでも落としやすい汚れです。
2つ目の油性汚れは、いわゆる油汚れと言われるもので、水では落とせないものがほとんどです。
3つ目の不溶性汚れは、砂やホコリなど水に溶け出すことのない汚れが分類されます。

コーヒーはその中でも「水溶性」の汚れに分類されるので、水溶性の汚れにあった洗剤や洗い方をすればコーヒーの染みは落とせるということを覚えておきましょう。

水溶性の汚れを落とすにはどうしたらいいかと言うと、その名の通り水溶性の汚れは水に溶け出しやすいので、水洗いをするだけでもある程度汚れを落とせます。
そのため、コーヒーをこぼしてしまった場合はなるべく早く水ですすぐ、というのが手っ取り早い方法なんです。

また、水に溶けだしやすい性質の汚れであることから、最初から強力な洗剤を使う必要は無く、普通の中性洗剤を使えば問題なく落とすことができます。

ここまでコーヒーの染みがどんな汚れが分かったところで、おすすめの洗剤を紹介していきます。

まず、普通の中性洗剤として、キュキュットなどの食器用洗剤がおすすめです。

 

(商品例)

 

こうした中性洗剤であれば、布の繊維を傷めずに汚れを落とすことができます。

その上で、コーヒーをこぼしてから時間が経ってしまった場合など、中性洗剤だけでは染みが綺麗に落ちなかった時は漂白剤を使用してみてください。

ここで注意が必要なのは、塩素系の漂白剤は強力なので、色落ちする可能性もあるということです。
酸素系の漂白剤であれば汚れをしっかり落とせてダメージも抑えられるので、可能な限り酸素系の漂白剤を使うのがおすすめです。

 

(商品例)

created by Rinker
¥375 (2021/07/29 07:20:46時点 楽天市場調べ-詳細)

 

また、コーヒー染み専用の漂白剤も販売されています。
これは有名なドイツ製の洗剤メーカー・ドクターベックマンのもので、効果が高いと評判なのでおすすめです。

 

(商品例)

 

同じメーカーからペン型の染み抜きも販売されているので、重要な客先での会議やお祝いの席などがある日は持ち歩くこともできますね。

 

(商品例)

 

値段も手頃なので、心配性な方は1本購入して鞄に忍ばせておいても良いかもしれません。

 

コーヒーの染みがカーペットについてしまった場合

続いては、コーヒーの染みができてしまった素材別に対処方法を紹介します。

まずは、カーペットの染みについてです。
カーペットはサイズも大きいし、家具などを敷いていると動かすのも大変で洗いにくい製品だと思います。
その場合は、濡れタオルを使用すると手間がかからず染み抜きができます。

まず、こぼれたらすぐにタオルやキッチンペーパーなどでなるべく水分を拭き取りましょう。

次に、洗剤を水で薄めた液にタオルを浸して軽く絞り、染みのできた箇所をタオルで叩くようにして洗剤を吸収させ、染みを落とします。

染みを取り除くことができたら、タオルを水道水ですすいで洗剤を落とした上で、今度は洗剤を吸収するように濡れたタオルで汚れていた箇所を叩きます。

最後に乾燥しやすいよう、乾いたタオルやキッチンペーパーで水分を拭き取ったら完了です。

洗剤でコーヒー染みを取り除く時にこすってしまうと汚れが広がる原因になるので、必ず叩く動作をするように心がけてくださいね。

 

コーヒーの染みがスーツについてしまった場合

次に、スーツにコーヒーの染みがついてしまった場合の対処法について紹介します。

最近は丸洗いOKのスーツも一般的になっていますが、クリーニングに出さないと洗えないスーツを持っている人も多いですよね。

すぐにクリーニング行ければいいですが、仕事中であったり、クリーニング屋のやっている時間に帰宅できない場合もあると思います。

その場合も、中性洗剤を薄めた水とタオルを使ってカーペットと同じように染みを吸い出すことが可能です。
特に丸洗いNGのスーツの場合、水道水で染みのできた箇所をすすぐことは難しいですが、洗剤を水で薄めた液体にタオルをつけてよく絞ってから叩くようにすればコーヒーの染みを落とすことができますし、もし出先などで洗剤がすぐ手に入らない場合には、ハンカチを水で濡らして叩くようにするだけでも多少染みを落とせるのでやってみましょう。

こぼしてから時間が経つほどコーヒーの染みは落としにくくなるので、クリーニングに出す場合でもできるだけの対処は事前にやっておきましょう。

 

コーヒーの染みがソファーや椅子についてしまった場合

最後にソファーや椅子の布部分にコーヒーの染みを作ってしまった場合の対処法について紹介します。

ソファーや椅子は最も洗いにくい製品だと思いますが、この場合にも洗剤液を染み込ませたタオルで叩く方法が有効です。

ただし、ソファーは布の奥にコーヒーが染み込んでしまっている可能性が高いので、カーペットやスーツよりは時間がかかると思います。
根気よく叩いたり、奥まで洗剤が届くように少し放置することも有効なので、試してみてください。

また、あまりタオルの水気が多すぎると余計な水分が奥まで染み込んで乾燥しにくくなり、カビなどの原因になるので、タオルはしっかり絞ることと、乾いたタオルでしっかり水気を取り除くことがポイントです。

 

生地・素材によって変わる染み抜き方法

ここまでカーペットやスーツ、ソファーの染み抜き方法を説明してきましたが、布の生地や素材によって染み抜きの方法が変わる場合があります。

特に気をつけるべきなのは、シルクやレーヨン、ウールなど、水分と相性の悪い素材です。
こうした素材は非常にデリケートなため、水を含むと縮んで形が崩れてしまったり、色落ちしてしまうなど思わぬ事態になりかねません。

洋服の素材として使われることはよくあるので、染み抜きで失敗しないためにも、まずその素材が水洗い可能なのか、水洗いNGのマークが付いていないか、必ずタグなどを確認してからコーヒーの染み抜きをするようにしましょう。

もし、水洗いNGの場合は、無理に自分で染み抜きをするのではなく、なるべく早くクリーニング屋に持っていて染み抜きが可能か相談してみましょう。

 

まとめ

以上、今回は、コーヒーの染み抜きで人気の洗剤、カーペット・スーツ・ソファーなど洗濯がしにくい素材別に、染み抜きの方法をまとめました。

一度付いてしまうとなかなか落とせないイメージのあるコーヒー染みですが、急いで対処すれば意外と簡単に落とすことが可能ですし、必要な道具もタオル2枚と中性洗剤だけで比較的簡単に染み抜きができます。

この方法を知っていれば洗いにくいカーペットやスーツ、ソファーなどにコーヒーをこぼしてしまっても一安心ですね。

ただし、生地によっては水に不向きなものもあります。
自分で染み抜きをする場合には、水をつけても問題ないか必ず確認するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました